版画の作品(その1)

楽しい版画

|その版の仕組みから版画の作品は大きく4つに分類されます。凸版画、凹版画、平版画、孔版画です。

版画を始めよう!



版画の作品(その1)



sponsored link

版画の作品は凸版画、凹版画、平版画、孔版画と大きく4つに分類されます。


版画は板の凸部にインクを付けて紙に刷られるもので、一般的に一番制作されています。


木の版、紙、芋、リノリウム板を版材とします。


日本で江戸時代に広がり、世界的に有名な東洲斎写楽、葛飾北斎、喜多川歌麿などの浮世絵も多版多色版画という色ごとに版を使う木版画の一種である。


一方西洋美術で広く用いられた版画技法は凹版画といい、版の凹部で図柄を構成するものである。


ルネサンス期以降、多くの場合版画といえば銅版画を指すほど銅による凹版画がもっとも広まりました。


しかし、銅は高価なため今では工業用や教材用としてポリ塩化ビニル板なども用いられています。


版画の作品は版全体にインクを乗せた後、布などで拭いて版の凹部に残ったインクに紙を重ねて圧力をかけて凹部のインクを紙に転写する印刷工程をとります。


しかし、版の凹部の作り方でいくつかの技法があります。


大きく直接法と間接法に分かれ、直接法としてエングレービングやドライポイント、メゾチント、間接法としてエッチング、アクアチントがあります。


版画、リトグラフと呼ばれるものが平版画であり、油が水をはじく原理を利用して作られました。


(その2へ続く)



[スポンサードリンク]